[商品リサーチ] できる出品者のIDを資産化しよう!

Pocket

どうもヒロです!

 

 

eBay輸入転売では利益の出る商品をリサーチする必要があります。
リサーチを重ねれば重ねるほど経験値が上がると僕は強く主張していますよね。

 

 

今回はリサーチの経験値を上げる新たな手法を紹介します。

 

 

それは“ヤフオクの出品者IDをストック”する作業です。

 

 

ヤフオクではすべてのアカウントにIDが振り分けられていますよね。
これはただのIDではなく、資産と考える必要があります。

 

 

なぜなら、僕と同じ輸入転売プレイヤーが多数参入しているからです。
必ずしも仕入れ先がeBayとは限りませんが、リサーチを重ねていると海外から輸入している転売プレイヤーと出会います。

 

 

彼らの出品している商品を参考にし、相乗り出品することで僕も利益を得ることができています。

 

 

つまり、普段のリサーチの中で輸入転売プレイヤーの出品者IDをストックすればするほど、簡単に利益の出る商品が発見できるのは容易に想像できませんか?

 

 

例えば、100人の輸入転売プレイヤーのIDを集めたら、それはもう“資産”になるということです。

 

 

「出品者IDを資産化する」とは? 

 

 

オークファンでリサーチをしていると

 

 

「この出品者IDの人、めっちゃ商品出してね??」

 

 

って思う経験があるはずです。

 

 

リサーチではオークファンの落札商品をeBayで検索し価格差を見るのですが、
仮にeBayとヤフオクで価格差がある商品を売っているIDの場合、必ずしてほしいことが

 

 

“できる出品者IDの保管と定期的なリサーチ”です。

 

 

IDをどのように資産化するのか? 

 

 

では、実際に資産化ってどうするの?ってことですが特に決まった方法はありません。笑

 

 


僕の場合、“できる出品者ID”を見つけたら以下のようにExcelに保管しています!

 

 

出品者IDと、ざっくりですがどんな強いジャンルの商品を売っているのか?
ということを書いて保管しています。

 

 

 

 


これらを1週間に1回、再チェックして新しい商品を出品しているか?を常に見張っています。

もうストーカーですね。笑

 


強いIDを100人分くらい集め、毎回これらのIDを片っ端から検索するだけのリサーチになります。

かなり作業効率があがりますよ!

まとめ 

 

 

“できる出品者ID”を集めることで数が溜まれば資産になる!
“できる出品者ID”を集め、定期的に出品商品を再チェック!
“できる出品者ID”を集めリサーチ時間の短縮を図る!

 


今回はここまでにします。

 

では!

 

 

ヒロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA