転売ヤーは悪? 実は感謝ばかりされている実態を暴露! 

Pocket

どうもヒロです!

転売ビジネスって世間的には「転売ヤー」と馬鹿にされて良い印象を持たれていない方もいるはずです。

 

 

転売ヤーとは転売をする人「転売屋」を揶揄した造語ですね。

「株屋」「保険屋」などと同類で馬鹿にした言葉です。

 

 

ヤフーで「転売」と検索すると「転売ヤー」が第一位検索候補に出てきます笑

 

 

 

 

また、転売ヤーに対して「詐欺師」など酷い言い方もされます。笑

 

 

僕は転売ビジネスを始める前、ニュースなどをみて転売屋の存在を知っていました。

新型iPhoneの発売に合わせて徹夜をしている人やホームレスを雇って転売用に端末を大量に買う人などニュースでは社会問題だと報道していましたね。

 

 

ですが、僕は社会問題になっていた転売ヤーについて悪い印象を持ちませんでした。

むしろ、転売って儲かるんだ!!ってプラスの印象を持ちましたね。笑

 

 

転売を始める前の僕はとにかく「会社の給料安すぎや!!」って怒りを持っていましたので、継続的に儲かるビジネスなら「何でもあり」な心理状態でした。

 

 

実際、転売ビジネスに参加して感じた本音を暴露します。笑

 

 

転売の世界へ足を踏み入れる 

 

 

転売に興味をもち、転売を始めてみようというマインドになったのですが何をすれば良いのかわかりません。

 

 

まず、ニュースでやっているような人気商品を求めて店舗に並ぶ転売スタイルはサラリーマンの僕には無理だなと断定しました。

 

 

徹夜する物理的時間がなかったし、そもそも徹夜してまで実践したくなかったからです。

つまり、すぐに挫折するだろうと悟りました。

 

 

そこで、ネットで商品を注文してネット上で転売する、スタイルを採用することにしました。

僕の場合、「メルカリ無在庫転売」が初めての転売経験です。

 

 

メルカリ無在庫転売は利益が一応利益が出たのですが、長期的に続けられないと次第に感じました。

 

 

まず、メルカリでは無在庫の転売は禁止されていることです。

アマゾンの商品画像をメルカリの出品画像に掲載し、メルカリで売れればアマゾンから注文者に向けて発送するというスタイルの転売です。

 

 

利用規約に反した転売は怖いという心理的な負担と不安が大きかったです。

 

 

また、メルカリはフリマアプリですので値下げ交渉が当たり前に行われます。

これでは利益計算が非常に難しいかったですね。

 

 

失敗して、すぐに次の転売方法を探していると同じく転売をしていた同期がいたのでeBay輸入転売について教えてもらうことになりました。

 

 

eBay輸入転売はプレイヤーが少なく、10年以上前から基本的なビジネスの手法は変わっていないと聞きすぐに実践することにしました。

 

 

eBayで仕入れて、ヤフオクで売るというフローですよね。

こんなに単純なビジネスなのに、海外アレルギーがあるのか敬遠されがちなビジネスです。

 

 

転売で感謝される? 

 

 

転売は安く売って、高く売る。

商売の基本だと思うのですが、なぜか個人のプレイヤーに対しては世間の当たりが強いです。

 

 

最近では任天堂スイッチを転売屋が買い占め、純粋なゲームプレイヤーに購入されずネットへ高値で売られていた事実はあります。

 

 

スイッチを求めていた消費者にとっては、転売屋の行為は憎いかもしれません。

ですが、僕はeBay輸入転売では落札者に感謝しかされたことがありません。

 

 

これはウソではなく事実です。

eBay輸入転売の特徴ですが、稀少商品をeBayで見つけてフオクで売るという基本的な転売の形を維持しつつ中々手に入りにくいモノを転売できれば消費者はとても喜んでくれるのです。

 

 

この感謝される気持ちというのはビジネスを継続的に実践するのに良いモチベーションになります。

 

 

転売ヤーと揶揄される転売ビジネスですが、少なくともeBay輸入転売は10年以上も実績のある転売方法ですので実践しない選択肢はないと思います。笑

 

 

今回はここまでにします。

 

 

では!

 

 

ヒロ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA