eBayで中古品を仕入れる時の注意点とは?

Pocket

どうもヒロです!

 

 

eBay輸入転売で初心者は新品の商品を仕入れるべきと僕は考えています。
中古の場合、せっかく利益が出る商品を仕入れたのに商品に破損があった場合、即赤字に転落するリスクがあるからです。

 

 

ですが、僕は必ずしも中古品がダメだと言っているわけではありません。
中古品しかないアンティーク系を専門で輸入転売しようとしている方もいるはずです。

 

 

僕はぶっちゃけ、中古も仕入れたりしています。

 

 

1つの商品で利益2万~3万を達成したこともあります。

有名人が愛用している中古品のサングラスでしたね。

 

 

やはり、中古は既に市場に出回っていない商品が多いので破損等のリスクを最低限にする限り利益幅がデカい物が多く魅力的です。

 

 

ですが、中古品を仕入れる場合、失敗もあります。。笑

 

 

今回は中古品を仕入れるときに僕が実践している大切なことと失敗談を紹介します!!

 

 

中古品の中でもランクがある

 

 

日本では商品の状態を表すとき、新品or新品開封済みor中古でなどで表現されますよね。

 

 

eBayでも同じく新品・中古に細かいランク(状態)があるので、仕入れをする際に良く理解しておく必要があります。

 

 

例えば、eBayでコンディションがGoodと表現されている場合、僕は仕入れを考え直します。

 

 

Goodって良い状態じゃないの???

 

って普通の日本人なら思いますよね。

でも、下の表をみるとGoodは中古(並)のランクに位置づけされます。

 

 

 

 

⇒(参考) eBayの商品状態確認にどうぞ

 

 

ここでまたしても

 

 

並の中古品なら状態が良いんじゃね??

 

 

って普通の日本人なら思いますが外国人の”並”は我々日本人と大きく認識が異なり、ひどい状態のモノが混じっています。笑

 

 

もし、eBayで同じ商品が複数出品されている場合、Very goodやExcellentを優先的に仕入れるようにしましょう!

 

念のため、もう1度言います。

 

 

(✖)Good = 良い商品ではありません笑

(〇)Good = 汚れや傷があるけど、商品本体には問題ないよってレベルです

 

 

欠陥品を仕入れてしまった話

 

 

僕が中古品を仕入れて初めて失敗したときの話をします。
結論から言うと、完全に僕の確認不足によるミスでした。(謙虚)

 

 

仕入れた商品は下の画像のコーラのステンドガラスの置物です。
無事落札され、商品を発送したのですが落札者から「電球がつきません」とメッセージがきました。

 

 

 

 

僕はすぐにeBayのセラーに連絡をとりクレームを言いました。
すると、セラーから「電球を交換してね。裏側を外すときは気をつけてね」ってすっごい他人任せな返事がきました。

 

 

「あ~、セラー助けてくれんやん。完全に人任せやし。」

 

 

返品するのも労力がいるので、落札者には泣く泣く返品を申し込み返金しました。

赤字額は1万6千円でしたね~。

 

ここで、僕がセラーに確認すべきことだったのは商品自体に問題はないのか?ということです。

 

 

今回の商品は”Used”でしたが、商品画像では電球もついているし外観も綺麗だし美品やな~って勝手に解釈していました。

 

 

eBayでの”Used”の位置づけはどうでしょうか?

以下がeBayでの”Used”の位置づけですが、“不完全さの詳細は販売者のサイトを参照してください”と書いています。

 

 

 

 

つまり、コンディションはセラーに確認してくれ!!ってことですね。

 

 

中古品を仕入れ始めた頃の僕は、”Used”はそこそこ綺麗な中古品と勝手な解釈をしていましたが、これが完全に間違いでした。

 

 

商品の詳細についてはセラーに事前確認し、電球に不具合はありませんか?などとヒアリングをおこなってから仕入れるべきだったということです。

 

 

まとめ

 

 

・中古品を仕入れる時は、eBayでのコンディション表を参考にリサーチをおこなう。

・日本人と外国人の”中古”は認識が異なるので、写真だけで判断せず商品状態をセラーに必ず確認する。

 

 

以上を守って利益の出る中古品を仕入れてみてください。

 

 

今回はここまでにします。

 

では!!

 

 

ヒロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA