会社の昇給率に期待してはいけない?

Pocket

今日は完全に愚痴ですので、一部おかしな日本語が出てくると思いますけど我慢してください。笑

 

 

自分の給料明細にイラついた話です!

 

 

あなたの会社は順調に昇給していますか?

 

 

僕の会社は大手メーカーですので、福利厚生と昇給率は世間的には良いって言われています。

それでも今年は月5,000円の昇給です。

 

 

1年間働いて、たった5,000円/月の昇給かよ・・・少ね。

 

正直な本音です。

昇給するだけいいやん!って言われるかもしれないですが、そんな社畜思考は嫌いです。笑
だって、待遇の良いとこに就職するために大学まで必死に勉強したんですからね。

 

 

ここで核心の愚痴ですが、

5,000円/月の昇格をしたにも関わらず住民税が8,000円/月キッチリ上がっていたので手取りがマイナスになったんです。笑

 

 

ほんま、やってられませんわ。笑
社会貢献とかどうでもよくて、お金のために働いているのに。

 

 

ここまでは、正直わかりきっていました。
20代は基本給がかなり低く抑えれれていることは入社時に先輩から聞いていたので、昇給が社会保険等の税金の増加に追い付かないってことです。

 

 

でも、今回たまたま課長から部長に昇格した人と話す機会があって、

 

 

「いくら昇給したんですか?」とストレートに聞いてみました。

 

 

部長にはこっそり、「基本給に+8万円かな~」って言われました。

 

 

「へえ~すごいっすね!!」ってその時は答えましたけど、

 

 

内心は「少な。。勤続30年頑張った部長でもたった8万の昇給かよ!!」

って嘆いたと同時にお金に関して会社に期待するのはやめようって思いました。笑

 

 

なぜなら、僕は継続的に副業で10万円を稼いでおり部長の8万円の昇給よりも大きい金額を簡単に稼いでいるからです。
(そもそも部長とは基本給が違うのでは?というツッコミは置いといて。笑)

 

 

勤続30年で苦労して部長になり8万円の昇給を待つより、1日3時間の作業で会社の給料以外に10万円を継続的に稼げるようになるほうが良いでしょ??

 

 

しかも、部長はどんどん仕事が忙しくなるのに、僕は慣れたらどんどん作業が少なくなっていきます。

 

 

今の僕のマインドは“平日はサボって体力温存して、休日に彼女へ全力投球”になりました。笑

 

 

副業を始めてから、“会社で頑張って出世する!”って意気込んで身体も心も無理していた自分に完全にサヨナラしました。

 

 

今一度、あなたの置かれた状況に目を向けてみてください。
会社に不満があるのなら、副業を始めてみてはどうですか?

 

 

すごく気持ちが楽になりますよ。

 

 

ヒロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA