ヤフオクで送料はいくらに設定すれば良いか?

Pocket

どうもヒロです!

 

 

仕入れた商品をヤフオクで販売するとき、送料はいくらに設定しようかな~?って迷うことがあります。

 

 

・送料無料にした方が良く売れるの??
・全国一律料金にしたほうが、公平性があるから良い?

 

 

今回はヤフオクで出品する商品は送料無料・全国一律・着払い元払いのどれにすれば良いか?について解説していこうと思います。

 

送料設定はどうすればよいか? 

 

 

僕は全国一律料金でいつも出品しています。
僕の場合、発送を外注化しているので契約倉庫から発送作業をしており、契約倉庫は全国一律料金を設定しているからです。

 

送料無料 

 

 

僕の場合、仕入れた商品が1ヶ月以上売れない時の最終手段として送料無料に設定することがあります。

ヤフオク出品で送料無料にした場合は、ヤフオク出品の画面に送料無料のアイコンが表示されライバルが多数いる場合は差別化することができるのは事実です。

 

 

 

 

しかし、めったに送料無料は設定しません。
なぜなら、仕入れる商品をしっかりリサーチしていれば送料が落札者負担でも足枷になった経験がないからです。

 

 

eBay輸入転売では需要がある商品を基本的に仕入れるので送料が落札者負担でも入札してくれる人はたくさんいます!

なので、送料無料はどうしてもライバルと差をつけたい場合のツールとして利用してください。

 

全国一律 

 

 

僕は全国一律価格で出品しています。
それほど大きなモノを仕入れないという理由もありますが、契約している外部倉庫が全国一律料金で発送してくれるからです。

 

 

僕の場合は、以下のように全国一律700円、離島は1,000円で設定しています。

 

⇒ 契約倉庫とは?? オープンロジについて

 

 

 

 

地域ごとに発送料を変えている親切な出品者もいますが、全国一律で設定すれば落札後に送料をわざわざ連絡しなくてよいので楽でもあります。

 

着払い・元払い 

 

 

着払いは一番親切な方法ですよね。
本当に掛かった分の送料を請求するので落札者の負担も最小で済みます。

 

 

元払いはめんどくさいので絶対にやりません。笑
落札者の住所から送料を調べて、こんだけの分を追加で払ってね~って連絡しないといけません。

 

 

まとめ 

 

 

送料については、僕の経験上からいうとしっかりリサーチしていれば、落札者負担でも充分入札が入ります。

ですので、送料を選択する場合元払いを除く全国一律・送料無料・着払いのそれを選択しても大丈夫です。

 

 

仕入れた商品が中々売れないときなどは送料無料にすれば良いのですが、その分利益が下がりますのでそこは柔軟に対応してください。

 

今回はここまでにします。

 

 

では!

 

 

ヒロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA