【筆者が実践】未経験にオススメするプログラミングの勉強方法とは?

Pocket

どうも未経験からエンジニアに転職したヒロ(hiro_K1002)です!

 

僕は文系大学を卒業し、まったくの未経験からWebエンジニアに転職しました。

転職を決めてからは、仕事の後にプログラミングをしていました!

 

僕はプログラミングを勉強するためにスクールに通っていましたが、中には独学で頑張る人もいるみたいですね。

後ほど詳しく説明しますが、転職が目的なら独学はオススメできません。

 

今回はプログラミングの勉強をしたいけど、何からすれば良いのかわからない人に向けて僕が実践していた勉強方法を紹介します!

最短でエンジニアに転職しちゃいましょう!

 

対象読者

・プログラミングの勉強をするのにオススメの方法はあるの?

・未経験だけど、何から勉強すれば良いの?

・エンジニアへの転職に興味がある

 

それでは解説していきます!

 

まずはWebサービスで勉強しよう

 

闇雲に学習を始めることや、いきなり高額教材を購入することは避けましょう。

これは高い費用を払って、挫折するという最悪のパターンを避けるためです!

 

完全初心者は、まずはProgateUdemyドットインストールの無料講座から学習を始めましょう。

ここでプログラミングの楽しさを体感してください。プロゲートでは、画面にコードを入力すればすぐにブラウザが変化し自分でWebサイトを作っていく楽しさを感じることが大切です!

 

僕はプロゲートをやりまくりました。w

プロゲートにはレベルがあるんですけど、レベル200位は行ったかと思います。

 

仕事の後に近くのカフェでプロゲートをひたすらこなしていく作業を1ヶ月ほどしていた記憶があります。

この期間で僕はプログラミングが楽しいと思い、本気で転職しようと考えたのでスクールに通うことにしました!

 

大切なこと

・まずはWebサービスで無料講座を受講

・初めのうちはプログラミングの楽しさを体感する

 

プログラミングスクールに通う

 

スクールに通ったことは大正解でした。

まず、自分が何をすれば良いのか?という道標を提供してくれるからです。

最短でエンジニアへ転職するためのカリキュラムが組まれており、約3ヶ月本気で取り組んでいました。

 

大半のスクールでは転職に必要なポートフォリオを作るはずです。ポートフォリオとは自分で製作した作品のことです。

エンジニアへ転職する場合は、1つのWebサイトを作ってから面接に挑むことが多いです。

 

ポートフォリオは独学でも作れるんですが、メンターへ質問できる環境にあるスクールの方が成長速度が早いでしょう。

スクールでは簡単な「0→1」開発を経験し、プログラミングの基礎を学びます。

 

大切なこと

・スクールに通い最短でプログラミングを学ぶ

・スクールで0→1開発を経験できる(独学は環境構築での挫折率が非常に高い)

 

チュートリアルでアプリを作成し学習

 

スクールの途中でも後でも良いですが、スクールで基礎を学んだ後はチュートリアルと呼ばれる学習サイトで勉強しましょう。

僕はRubyonRailsを学んでいたので、Railsチュートリアルで学習していました。

 

チュートリアルはスクールのカリキュラムより少し難しいレベルです。

一通りやりきれば、Railsの基礎は完全に理解したと言っても良いくらいです。

 

ぶっちゃけ、未経験で転職するならここまでで充分です。

ここまでで到達する時間は、僕の場合は4ヶ月でした。

 

勉強をする際に気をつけること

 

勉強方法については上記の3つの過程をこなせば、普通に転職できるレベルになっています。

ポートフォリオさえできれば、すぐに転職活動を始めちゃってもいいくらいです。

 

次に紹介するのはプログラミングを勉強するときに意識してほしいことです。

 

エラーは自分で解決する意気込みで学習する

プログラミングを学習する上で最も大切なことは、エラーに遭遇しても自分で解決する意識を持つことです。

エンジニアの業務の大半は打ち合わせ or ググってる かですw

 

つまり、未経験のうちからエラーを自分で解決する練習をしておかないと、いざ転職したときに苦労します。

スクールでメンターに質問することは良いことですが、最低30分は自分でググってから質問してください!

 

本で勉強しない

未経験のうちは書籍で勉強することは避けましょう。高確率で挫折します。

書籍のダメなところは、自分で実装せずに流し読みになってしまうところです。

 

書籍を見ながら自分でコードを書いて実装すれば?と思うかもしれませんが、未経験のうちは本で出たエラーを解決するためにまた別の本を買うという悪循環に陥ってしまいます。w

 

これは僕が経験したことだからこそ、強く言いたいのです。w

本のページをめくるのはめんどくさいし、本に書いた通りに実装しているのにエラーが出るし。。。って状況でした。

 

原因は書籍が発売された時期と今現在の言語の環境(バージョン)が異なりエラーが出るパターンです。

プログラミング言語は頻繁に変化します。例えば、PHPのフレームワークであるLaravelは1年間で4回はバージョンアップしましたw

 

未経験に環境関連のエラー解決は激ムズですので、書籍ではなく学習サイトをうまく利用しましょう!

 

大切なこと

・エラーは自分で解決する意気込みで!30分考えても解決しなければ質問する

・書籍で勉強しない!発売時期が古ければ環境系のエラーから抜け出せないぞ

 

【さいごに】最短でエンジニアになるならスクールがオススメ

 

ここまでプログラミングを勉強するステップと気をつけるべきことを紹介しました!

もし、あなたが転職を目標にしているのなら、やはりスクールに通うことが必須になると思います。

 

月20万円くらいの出費になりますが、エンジニアに転職すれば余裕で回収できる金額です!

ぜひ、スクールに通い一緒にエンジニアとして楽しい人生送っちゃいましょう!

 

以下の記事では、実際に僕が未経験からエンジニアへ転職した過程を紹介しています。

[実体験]TechBoostを受講し転職に成功した話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA