【実体験】SES=悪という風潮に物申したい件

Pocket

エンジニアに転職したいけど、

悩み
  • SESって良くない噂聞くけど?
  • SESの何がダメなの?
  • SESが合う人っているの?

という悩みについて解説していきたいと思います。

 

記事の信頼性

SES企業を1年経験した僕が自身の経験を通して、なぜSESは敬遠されるのか?について実体験をまとめます!

 

本記事の内容

・SESは経験者にとっては最高の環境

・未経験エンジニアにとってSESはしんどい

・未経験エンジニアの経歴詐称問題について

 

SESは経験者がスキルアップする環境だと思う

 

SESは「案件ガチャ・開発できない」などSNSでは様々な悪い噂が立っていますが、これは未経験者の場合の話です。

現場経験がない未経験者は営業から提案される案件が選べない弱い立場なので、営業が獲得してきた案件に対して「はい」しか言えません。

 

例えば、PHPの開発案件に入りたかったのに現実は「ヘルパー案件」「テスト案件」などが提案されます。

未経験には開発案件がないのは当たり前です。

 

SESへ依頼する上位企業は自社の開発が滞っているのに未経験のエンジニアが派遣されても戦力になりませんからね。笑

 

SESは経験者がスキルアップするための場所

逆に経験者はSESをスキルアップするために使うべきだと思います。

SESの強みはなんと言っても環境をすぐに変えることができるという点です。

 

だいたい新規開発案件は4ヶ月から半年の期間を設けられていますが、プロジェクトの終了と同時に他のプロジェクトに容易に移ることができます。

 

自社開発では開発フェーズが終わったあと保守・運用フェーズに入りますが、開発フェーズに重点を置いている経験者エンジニアにとって保守・運用フェーズはやりたくないことかもしれません。

こういった場合に開発フェーズだけをひたすら経験しスキルアップを図ることができるのがSESの魅力ですね。

 

僕は実際に自社の開発が飽きたからSESに転職した、スキルアップができないからSESで経験を積みたいというエンジニアに出会いました。

経験者はSESでも案件が選べる立場なので大いに活用すべきだと思います。

 

未経験者にとってSESはしんどい

巷に溢れるSES案件ガチャ論は未経験者に当てはまる理論です。

 

これは先ほど触れましたが、未経験は営業が獲得してきた案件にとりあえずぶち込まれるからです。

スキルのない未経験エンジニアは選べる案件なく、全て会社都合の案件なんですよね。

 

僕の会社では同期の未経験エンジニアが初現場へジョインする際に以下のような違いがありました。

 

Aさん:Laravel開発のモダンな環境にジョイン

Bさん:Html・CSSの改修でフォトショップでコピペだけする環境にジョイン

 

これが案件ガチャと言われる由縁ですよね。

現場面談に入るタイミングによって何もスキルがつかない案件に半年〜1年くらい参画させられるBさんは案件ガチャでハズレくじを引いちゃってますね。

 

未経験に対して経歴詐称する会社が一定数ある

SESは都市圏を中心に非常に多く存在しています。

その中でも未経験採用を大々的に宣伝しているSES企業は要注意です。

 

もうお分かりだと思いますが、そもそも未経験者が開発案件に入れるはずがないです。

なので、会社は未経験者の経歴を盛って(詐称)現場にぶち込もうとするんですよね。

 

注意
経験者と未経験者で組んでチームで現場に派遣される良心的なSES企業もあります

 

2019年の冬ごろにTwitterで未経験エンジニアに2年経歴詐称して現場に入らせていた企業が問題になりましたよね。

本来、未経験は単価35万が平均ですが、経歴詐称して55万円で案件にぶち込んでいたらいいです。

 

 

僕はこれは氷山の一角だと思っていて、経歴詐称はわりと一定数の会社がしてるんじゃないのか?と思います。

ちなみに上記ツイートのもっちーさんの会社はSES企業なのですが、経験年数2年以上でないと入社できない良心的な会社ですね。

 

【さいごに】SESのメリット・デメリットを理解する

SES企業自体が悪という風潮がSNSで広がってしまっています。

ですが、SES企業自体が悪いのではなく、未経験者を食い物にするようなSESが存在してしまっていることが悪なんです。

 

経験者にとってSESは最短でスキルアップできるツールなのに自社開発企業を異様に持ち上げて、SES企業を忌み嫌う風潮は大きなクエスチョンマークがつきます。

 

逆に未経験者でこれからエンジニアを目指している人は「未経験歓迎」のSES企業へ転職する前にしっかりと転職会議などの口コミサイトでしっかり調べてからにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA