[商品リサーチ] リサーチのスピードを上げる4つの方法とは?

Pocket

どうもヒロです!

 

 

仕入れ商品をリサーチするときリサーチのスピードって意識したことありますか?

初心者の頃は質より量が大切で、とにかくヤフオクとeBayの価格差を徹底的に調べていく作業が続きます。

 

 

ですが、現実問題として平日なら会社終わりの疲れが溜まった状態でリサーチ作業をすることになるのでダラダラやるよりはスピードを意識したほうが作業効率方は良いです。

 

 

今回は僕が意識したリサーチのスピードをアップさせる方法を解説していきます!

 

 

Core iを搭載したパソコンを使う 

 

 

今お使いのパソコンのマイクロプロセッサは何ですか?

マイクロプロセッサはパソコンの性能のことで、”core i”ってパソコンにシールが貼っているはずです。

 

 

Core i3 Core i5 Core i7とシリーズ化されているintelのマイクロプロセッサですが

僕が推奨するのはCore i5以上の性能を持ったパソコンです。

 

 

処理スピードがかなり速いですし、エクセルを何ページ立ち上げても画面が固まることがありません。

 

 

リサーチに中に処理が追い付かず画面が固まってしまってはイライラしてリサーチどころではないし、何より大幅にリサーチのスピードが下がります。

 

 

Core i7はシステムを扱う人レベルですので、そんな高性能なパソコンは必要ありません。

何より、値段が高いです。

 

 

マウスを使う 

 

 

マウスを使用するのはスピードを上げるために重要な項目です。

 

 

カフェなどで作業するときマウスを同梱すると邪魔で仕方ないと思いますが、リサーチではクリックやページの移動等、カーソルの動きが活発になるで手の少しの動きで大きくカーソルを運ぶことができるマウスは必須ともいえるツールになります。

 

 

ショートカットキーを使う 

 

 

仕事でエクセルを使うとき、ショートカットキーを使用すると思いますが使用して、使用していない人はこの際に覚えてください。

 

 

ショートカットキーを覚えることで無駄なキーボード作業が減り、大幅にスピードが上がります。

 

 

以下参考にしてください。

 

 

コピー:                       controlキー+ C (Macの場合はcommand + C)

ペースト:                   controlキー+ V (Macの場合はcommand + V)

ウィンドウを閉じる: controlキー+ W (Macの場合はcommand + W)

 

 

良く使うのはこれくらいでしょうか。

 

 

詳しくはエクセルのページを参考にしてください!

ショートカットキーの一覧

 

 

カフェで作業する 

 

 

初心者の頃、僕はカフェで作業をしていました。

僕の場合、家だと疲れて寝てしまうからです。笑

 

 

あとは、ゲームが充実しているしテレビがあるのでPrimeVideoをよく観てしまっていました。笑

 

 

つまり、集中できる環境にわざと身をおいてリサーチをしていました。

もちろん家で集中できる人は家でリサーチをするのがベストですが、そうでない方はカフェ等の外部でリサーチしてください。

 

 

以上が僕が実践しているリサーチのスピードを上げるテクニックです。

 

 

すべて、すぐに始められることですので今から実践していきましょう。

 

 

今回はここまでにします! 

 

 

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA