[やった後悔]後悔が大きい方はどっち?[やらなかった後悔]

Pocket

どうもヒロです!

突然ですが、死を意識したことはありますか?

最近読んだ本に、「死ぬときに後悔すること25」という本があります。

終末期医療の専門家である著者が1000人にアンケートした結果を集約した本となっています。

その中で、ほとんどの人に該当するであろう項目がありました。

  • ・仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
  • ・会いたい人に会っておかなかったこと
  • ・感情に振り回された一生を過ごしたこと

特に仕事が中心の生活に後悔していることはグサッときますよね。笑

現代人のほとんどは仕事のために、プライベートを犠牲にして生活しています。

「やらなかった後悔」

これは、人が死ぬときに最も後悔することです。

20代・30代のうちにこの現実を受け入れて行動あるべしですね。

失敗した経験はそれほど後悔しない 

過去を振り返ると、「あの時のあの経験は失敗したな~」、

「いっそのことやらなければ良かった」という経験は誰にもあるはずです。

しかし、人は「やってしまった後悔」に対してはそれほど後悔していないという心理学の実験があります。

ボストン大学の心理学者であるアベンドロスの実験が興味深いです。

以下、AとBのどちらが後悔する人が多いでしょうか?

  • A.旅行先で買ったお土産の内容に後悔している。
  • B.旅行先でお土産を買わなかった後悔

実験結果では、Bの「お土産を買わなかった後悔」と結果が出ています。

つまり、人は「やってしまった後悔」より「やらなかった後悔」の方が大きいということです。

自分で選択する人生を送る

「自分の人生は自分で決める」

当たり前のように思いますが、人は結構周りの環境に合わせた選択をしてしまっています。

身近な話をすると、「仕事」による人生の制限は大きいですよね。

朝は決まった時間に起きて、会社に命令された勤務地で働き、1日の大半を拘束される人生で休日は会社が決めた日しか休めなく、プライベートを送れる日は会社が選択権を持っている。

無意識のうちに、私たちは拘束された人生を送っています。

死ぬときに後悔しないために

ここまでで、死ぬときに最も後悔することは「やらない後悔」であることがわかりました。

ということは、見方を変えれば「失敗しても、死ぬときはどうでも良くなる」ということになりますね。笑

後悔しないためにも、自分で選択しどんどんチャレンジする人生を送りましょう!

2019年の年初だからこそ、決意すべきタイミングです。

今回はここまでにします。

では!

ヒロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA