[夢の国崩壊] ディズニーランドは面白くありませんでした。

Pocket

どうもヒロです!

 

 

最近人生初のディズニーランドに行ってきました!

「夢の国」には、昔から憧れがありいつかは彼女といってみたと思っていたので

ついに夢が実現しました。笑

 

 

わくわくした気持ちでディズニーに向けて出発しましたが、今は過度な期待を抱いていたんだな~って気持ちで帰路についています。

 

 

結論から言うと、ディズニーはあまり面白くなかったです。笑

彼女が楽しんでいたのは嬉しかったですけどね。

 

 

ファストパスの争奪戦に疲労

 

 

夢の国では開演前から多くのキャストがゲートに並んでおり、大変人気を集めています。

そして、開園と同時に多くのキャストは人気アトラクションのファストパスを求めて走り出します。

 

 

2018年秋でしたら、トイストーリーが人気ですね。

 

 

僕も彼女に腕を引っ張られて開園ダッシュしたのですが、いい大人が子供を押しのけてダッシュする光景は「夢の国」とは思えないくらい欲に満ちた世界を見せられました。笑

 

 

夢の国では皆平等なのか、ファストパスはすべてのキャストが手に入れる権利があります。

反して、良く行くUSJでは入園料に追加でお金を払えばファストパスが買えるので、わざわざ走る必要もなくのんびりとパークを楽しむことができていました。

 

 

ディズニーもパーク内は綺麗な景色を楽しむべきなのですが、ファストパス争奪戦が繰り広げられているのでのんびりしている暇がありませんでした。

 

 

結局、食事の時間以外はずっと早歩きでした。笑

 

 

絶叫系アトラクションが物足りない

 

 

僕は大阪人なのでUSJがホームグラウンドみたいなものです。

ハリドリ・ジュラシックパークなど大人でも怖いアトラクションがUSJにあるのでディズニーにもそれを期待したのですけど、すべてのアトラクションが物足りませんでした。

 

 

「え?もうおわり??」って思うことが多かったです。

僕のように絶叫系アトラクションが好きな人にとってはディズニーに過度な期待はしてはいけませんね。

 

 

唯一楽しかったのはスペースマウンテンです。

かなりスピードがあるアトラクションはこれくらいでした。

 

 

ショーと花火は最高

 

 

ここまでダメなところばかり書きましたが、ディズニーは僕のような絶叫好き人間には合わないのかもしれません。

そもそもターゲットではないのでしょうね。

 

 

やはりディズニーの魅力はエンターテイメント性です。

ミッキーがドラムを演奏する「ビックバンドビート」や閉園前の花火には完全に虜になりました。

 

 

USJでもショーは開催されますが、良く知らないアーティストだったり花火も毎回打ち上げるわけではありません。

 

 

その点、ディズニーはキャストを楽しませるレベルは高かったです。

彼女に帰り際、また来ようっていわれて思わずうんって言ってしまうくらい虜になりました。笑

 

 

ネットビジネスでゴリゴリ作業する環境から身を解放し、思いっきり遊ぶことができてよかったです。

たまに休憩しないと、以下記事の僕のようになりますよ。笑

[経験談]ネットビジネスにおける運動不足の危険性とは?

 

 

では!!

 

 

ヒロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA