梱包と発送を外注化し労働時間を削減する方法

Pocket

どうもヒロです!!

 

 

輸入転売を初めて、ヤフオクで自分の商品が落札されたとき梱包と発送をします。

 

 

僕は日曜日に商品が落札されたあと、月曜日の仕事終わりに商品を梱包してコンビニまで商品を持っていき発送していました。

 

 

出品数が多いしデカい商品も扱っていたので、車に詰め込んでコンビニまでいってましたね。笑

 

 

正直な気持ちを言いましょう。

非常にだるかったです。本当にだるかったです。

仕事のあとの作業ですし、車を出すのでガソリン代も掛かるし。。。笑

 

 

そして何より、梱包・発送作業のせいでリサーチする時間が削られていました。

 

 

何か良い方法はないかな~って思っていたところ、良い方法があったんです!

 

 

それはオープンロジという物流倉庫に梱包・発送をお願いするという方法です。

 

 

今回は梱包・発送を外注化する手段であるオープンロジについて解説していきます。

 

 

オープンロジとは?

 

 

オープンロジとは、誰でも簡単に物流のアウトソーシングができるサービスです。

企業だけでなく、個人でも1商品から倉庫に保管できます。

 

 

しかも、初期費用・システム利用料などの固定費は掛からず全国一律料金の発送料を実現しています。

 

 

eBay輸入転売では、めんどくさい梱包と発送は外注化することを推奨します。

 

 

ネットで簡単に登録することができ、在庫管理や発送手続きもすべてネットでできるので

時間の節約に非常に役立ちます!

 

 

オープンロジの料金体系は?

 

 

気になるオープンロジの値段ですが、とっても安いので安心してください。

 

 

以下、オープンロジの料金表です。

箱の大きさによって料金が変わる点は同じなのですが、オープンロジは離島を除き全国配送料が一律料金になっています!

 

 

 

 

それに比べて、佐川急便は発送先により料金が変わってきます。

関東からの発送では関東内と九州では400円程の価格差があります。

 

 

 

 

参考に、140㎝サイズの発送料金を比較すると

オープンロジでは一律1,100円ですが、佐川急便では離島を除き最高2,247円の発送料金です。

 

 

 

 

単純にこれだけでも、1,000円以上に差額があります!!

また、商品が売れない間の保管費も1日0.2円~10円(サイズにより異なる)ですので

やっすいやっすい!!!!笑

 

 

オープンロジの懸念点とは?

 

 

オープンロジは梱包・発送を外注化できる便利なツールですが、今後料金が値上がりする可能性は充分あります。

 

 

直近では2018/4/1から改定料金での運用になりました。

これは昨今の物流業界の運賃値上げと人手不足による人件費高騰により現在の料金ではサービス提供が難しくなったためです。

 

 

しかたないですよね、人手不足は社会問題にもなっているほどですから。。

 

 

今回の値上げだけで歯止めが利かず、今後も値上げを続けた場合僕は新しい物流サービスに移る可能性はありますね。

 

 

まとめ

 

 

やはり利便性と格安料金ではオープンロジが最も優れています!!

 

 

国内同一料金の発送料と格安の保管費で長期保管の場合でも財布に痛くありません。

また、今後輸入転売を拡大させるために梱包・発送を外注しリサーチに多くの時間を割くべきですね。

 

 

今回はここまでにします。

オープンロジの登録方法は別記事で紹介していきます。

⇒参考 [簡単に解説] オープンロジの登録方法とは?

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

では!

 

 

ヒロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA