リサーチの幅を広げる方法とは? [eBayの各国サイトを活用!]

Pocket

どうもヒロです!!

 

 

eBay輸入転売ビジネスは海外オークションサイトのeBayで商品を購入し、ヤフオクで販売するというシンプルなビジネスです。

 

 

eBayといえば、アメリカ発祥で2億人近くが利用していて世界最多の利用者を持つオークションサイトという認識のはずです。

 

 

eBayはたしかにアメリカの会社なのですが、実は各国に独自のサイトを持っています。

 

 

以下、有名な各国のサイトです。

 

 

eBay :いわゆるeBayと言えば、eBayアメリカですよね。

⇒ eBayアメリカ(いわゆるeBayと言えばここ!)

 

eBay uk: イギリスで展開されているeBay ukのサイトです。

⇒ eBayイギリス

 

eBay de : ドイツで展開されているeBay deのサイトです。

⇒ eBayドイツ

 

eBay fr:フランスで展開されているeBay frのサイトです。

⇒ eBayフランス

 

 

僕が実際にリサーチする有名どころのeBayサイトは以上の4つですね。

 

 

かつて、1999年にeBay japanが設立されましたが、いまいち浸透せず現在では撤退しています。

日本ではヤフオクが先行してオークションサイトを設立していたので、太刀打ちできませんでした。

 

 

ほかにも、eBayはスペインやアルゼンチンなどアフリカ大陸以外の大陸に進出しており、実は多国籍企業で超マンモス企業なんですよね。笑

 

 

では、各国のeBayサイトがあるからなに??って話になると思うので解説していきます。

 

 

リサーチの幅を広げる 各国サイトを比較 

 

 

リサーチをするとき、ほとんどはeBayアメリカから価格差のある商品を見つけると思います。

これでは、リサーチの幅が狭く非常にもったいないです。

 

 

これからは各国のeBayサイトでも同じ商品を検索し、リサーチしていきましょう!

例えば、eBayドイツで商品をリサーチするときはGoogle翻訳でドイツ語に変換し検索します。

 

 

僕はまず、オークファンでリサーチした商品をeBayアメリカで調べて、検索にヒットしなかった場合、

商品の製造国を調べてその国のeBayでもリサーチします。

 

 

例えば、リサーチしたい商品の製造国がドイツであると分かった場合、eBayアメリカとeBayドイツの両方で検索します!!

 

 

まずは有名国のeBayサイトで検索する 

 

 

eBayで商品をリサーチするとき、これまではeBayアメリカのみでリサーチしていたと思います。

ですが、僕はeBayアメリカと製造国以外の国でもリサーチしています。

 

 

それは、冒頭で紹介しましたイギリス・フランス・ドイツの3ヶ国です。

なぜなら、これらの国は出品者数が多く、検索に引っ掛かる可能性が高いからです!!

 

 

例えば、レイバンのサングラスを仕入れたとき、アメリカサイトで見つからなかったのでドイツのサイトでリサーチした結果、発見することができました。

 

 

これは製造国関係なく、趣味で手に入れたドイツの方がその商品をいらなくなったので、eBayドイツで出品していたんですよね。

 

 

まとめ 

 

 

eBayリサーチの幅を広げる方法を解説しました。

 

・eBayでリサーチするときはeBayアメリカだけではなく、製造国もチェックしてみる!

・製造国でも見つからない場合は、イギリス・ドイツ・フランスの利用者が多いeBayサイトもチェック!!

 

 

今回はここまでにします。

 

 

では!

 

 

ヒロ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA